北塩原村について

きたしおばら(北塩原村)は、福島県会津地方の北に位置し、大きく3つのエリアにわかれます。

会津盆地の一翼を担い、標高220〜300mにある北山エリア。

北山エリアから望む会津盆地は、ほっとする癒やしの風景です。農地が広がりますが、平地を活かした企業誘致の可能性を秘めたエリアでもあります。喜多方市街地にも近く、何かと便利です。

古くから宿場町として栄えた標高400〜500mにある大塩エリア。

大塩エリアは、江戸時代から続く温泉と農業のエリアです。温泉を使った会津山塩は一度味わう価値があります。平成28年7月には、ブラタモリ(NHK)で紹介されました。

磐梯山の北側に位置し、日本有数の湖水地方である標高800〜1,000mにある桧原・裏磐梯エリア。

1888年に起きた噴火によりできた裏磐梯高原と、いくつもの湖が織りなす景色は、人々を惹きつけます。年間300万人が訪れ、多くの宿泊施設があります。桧原・裏磐梯エリアは、観光と高原野菜、そして漁業産業から成り立っています。

北塩原村は「日本で最も美しい村」に加盟しています。

 

「日本で最も美しい村」連合は、自らの村に、小さくても輝くオンリーワンを持つ農山村が自立し、将来にわたって美しい地域であり続けるために活動しています。

交通のご案内

お車をご利用の場合

東京方面および仙台方面から東北自動車道郡山ジャンクション経由猪苗代磐梯高原ICもしくは磐梯河東IC降りて約25分

電車・バスをご利用の場合

東京方面及び仙台方面から東北新幹線郡山駅下車JR磐越西線もしくは高速バスにて猪苗代駅、喜多方駅下車して、磐梯東都バスにて約10〜30分